ローマ略奪(410年)とは

ローマ略奪(410年)とは

ローマ略奪(410年)とは

ローマ略奪というのは、西暦410年に起こった、西ローマ帝国のローマに侵入したゴート族による略奪事件です。
当時ローマはすでに首都ではなくなっていたものの、永遠の都として象徴的地位を持っていました。しかも直接的な侵略とは無縁だったことから、この都の陥落はローマ社会に衝撃を与え、古代ローマ帝国の衰退を象徴する出来事となりました。

 

 

ローマ略奪が起こった背景

375年、フン族からの圧迫で南下してきたゲルマン人が、ローマ帝国領内への侵入を繰り返していました。395年テオドシウス1世は、自分の没後、迫り来るゲルマン人に機敏に対応できるよう、2人の息子に帝国を分担統治させました。広大な帝国領は西ローマ帝国と東ローマ帝国に分裂したのです。

 

ゲルマン人がローマに侵攻

西ローマ帝国の統治を担当していたホノリスは、首都を402年にミラノから、防衛のしやすいラヴェンナに移すなど、帝国心臓部に迫るゲルマン人を迎え撃つ準備を進めていました
しかしゲルマン人はホノリスがいる防衛体制が万全な首都ラヴェンナではなく、防御が手薄なローマに進撃を開始。まんまと虚を突かれ、8月24日より3日間、ゲルマン人による“永遠の都”への略奪と破壊行為を許してしまったのです。

 

トップへ戻る