ローマ内戦とは

ローマ内戦とは

ローマ内戦とは

古代ローマでは既得権益をめぐった内戦が度々勃発しており、このようなローマ内で起こった戦争は総じてローマ内戦と呼びます。中でも有名なローマ内戦は、前49年から前45年に、グエナウス・ポンペイウスとガイウス・ユリウス・カエサルの対立を発端に起こった一連の内戦です。元老院支配のローマに対する、カエサルの反逆戦争ともいえます。最終的には、カエサルが元老院派のポンペイウスを打倒し、共和政を形無しにした独裁体制を確立することが出来ました。

 

 

戦争の背景

ローマが長年成し遂げられずにいたガリア平定という野望をカエサルが果たしたことで、彼の政治的な影響力はこれ以上ないレベルで強大なものとなっていました。
元老院は、カエサルに権力が集中し、共和政に終止符が打たれることを恐れました。そこでカエサルに並ぶ実績を持つポンペイウスを担ぎ上げ、前49年に「元老院最終勧告」を出したのです。

 

カエサル、ルビコン川を渡る

ローマの法律では、反乱防止のため、将軍が自分の軍隊を率いてイタリア本土の領内に入ることを禁じられていました。しかしカエサルは、元老院からの最終通告が出された前49年1月、自分の軍隊を率いてイタリア領の境界線であるルビコン川を渡ります。
元老院支配のローマへの反逆を意味するこの行動を起こす前、カエサルが部下に向けていった言葉「alea iacta est(賽は投げられた)」はあまりに有名です。

 

ローマ内戦一覧

・紀元前49年6月−9月 イレルダの戦い
・紀元前49年5月−10月 マッシリア包囲戦
・紀元前49年8月24日 バグラダス川の戦い
・紀元前48年7月10日 デュッラキウムの戦い
・紀元前48年8月9日 ファルサルスの戦い
・紀元前47年2月 ナイルの戦い
・紀元前47年8月2日 ゼラの戦い
・紀元前46年4月6日 タプススの戦い
・紀元前45年3月17日 ムンダの戦い

 

トップへ戻る