ミトリダテス戦争とは

ミトリダテス戦争とは

ミトリダテス戦争とは

ミトリダテス戦争は、紀元前1世紀に共和政ローマとポントス王国の間で起こった戦争です。戦いは前88年から前63年まで3度にわたり勃発し、最終的にはローマの勝利で幕を閉じました。

 

 

戦争の背景

ポントスは、アナトリア地方の黒海南岸にある前4世紀末に建設された国家です。肥沃な土地と豊富な鉱物資源を背景に成長した国で、戦争が起こった前1世紀前半は全盛期といえました。

 

同盟市戦争に便乗

しかし同時に増大するローマの影響力を懸念しており、前91年の同盟市戦争に便乗し反ローマの姿勢を明確にします。前88年ミトリダテス6世はローマの同盟国へ侵略を始め、ローマはこれを口実としてポントスに宣戦布告。第一次ミトリダテス戦争が勃発しました。

 

戦争の結果

第二次戦争では敗れたものの、第一次、第三次でローマが勝利し、ミトリダテス6世の自殺をもって王朝は滅亡しました。ポントスはローマの支配下に屈する道をたどりました。

 

 

トップへ戻る