同盟市戦争とは

同盟市戦争とは

同盟市戦争とは

同盟市戦争は、紀元前90年に共和政ローマと同盟関係にあったイタリア各地の都市や部族が、ローマ市民権を求めてローマに対して蜂起した戦争です。ここではこの同盟市戦争の背景を紹介していきます。

 

 

同盟市戦争までの流れ

・マリウスの軍制改革

当時ローマは戦争の長期化で、兵力の主体である中小農民が没落し、ローマの防衛力はひどく脆弱化していました。
そこで中小農民から兵隊を確保していた従来の軍制から、無産農民(貧民)を募集し、職業軍人として訓練し育てる軍制に切り替えたのです。後世「マリウスの軍制改革」と呼ばれるこの改革は、脆弱化したローマの防衛力が強化しただけでなく、貧民を困窮した生活から解放する救済措置にもなりました。

 

同盟市との不平等が発生

ただこの救済処置の対象はローマ市民に限られており、同盟諸都市の市民は対象外でした。同盟市の貧民は相変わらず貧民のままだったのです。その為ローマ市民権を持たない同盟都市の市民の間で不満が高まり、市民権を求める気運が高まっていったのです。

 

護民官ドルススの暗殺

そんな様子を外から見ていた元老院やローマ市民ですが、同盟諸都市にまでローマ市民権を与えられると、自分らが持つ既得権益を脅かされるので、対立姿勢をとりました。
前91年の護民官ドルススは同盟諸都市に市民権を与えようとしていましたが、反対派に暗殺されてしまいます。これが同盟諸都市の大きな怒りを買い、大規模な反乱を引き起こしたのです。

 

トップへ戻る