ローマ・シリア戦争とは

ローマ・シリア戦争とは

ローマ・シリア戦争とは

ローマ・シリア戦争(シリア戦争、アンティオコス戦争とも)とは、紀元前192年から紀元前188年に、共和政ローマと、セレウコス朝シリアの間で起こった戦争です。最終的にローマの勝利で終わり、アンティオコス3世のヨーロッパ世界進出の野望は砕かれました。

 

ローマ・シリア戦争の背景と結果

当時シリアは、ギリシアに隣接する小アジア一帯を支配していて、そこからさらに西進してヨーロッパ世界も勢力圏に組み入れようと目論んでいました。
小アジアからヨーロッパ世界へ西進しようとすると、その入り口はギリシアになります。しかしここはマケドニア戦争を征し一帯を支配していたローマが壁になっていました。セレウコス朝はこの壁を突破しようとして、返り討ちにされる形になりました。さらにその後セレウコス朝シリアは、紀元前63年ポンペイウス率いるローマ軍により滅ぼされてしまいました。

 

トップへ戻る