サムニウム戦争とは

サムニウム戦争とは

サムニウム戦争とは

サムニウム戦争は、共和政ローマと、サムニウム人部族との間で起こった戦争です。ローマによるイタリア半島統一政策の過程で起こった戦争で、前343年から紀元前290年まで半世紀にもわたり三次の戦争が勃発しました。
最終的には全ての戦いでローマ軍が勝利をおさめ、ローマはイタリア半島全域を支配下に治め、悲願の「イタリア統一」を成し遂げることができました。

 

 

第一次サムニウム戦争

戦争期間:前343年 - 前341年
元々は、イタリア半島の造山帯に居住するサムニウム人と、平野部のカンパニア人勢力の争いでした。しかし平野部に居住するカンパニア人がローマに対し支援を求めたことで、ローマがこの争いに介入することとなったのです。
ローマは最初、穏便な協議でサムニウム人の拡大政策を止めようとしていましたが、ローマ側の提案が拒否されたことで、第一次サムニウム戦争が勃発しました。この戦いは、紀元前343年〜紀元前341年の3年間という短い期間に、ローマの圧勝という形で終わりました。

 

第二次サムニウム戦争

戦争期間:前326年 - 前304年
紀元前327年になると、サムニウム人とカンパニア人の争いが再び激化し、ローマがカンパニア人を支援したことで、第二次サムニウム戦争が始まりました。
第二次戦争は20年という長期にわたり、ローマはカウディウムの戦いでの敗北するなど、初期こそ苦戦したものの、後半は形勢を立て直し、前304年和議が結ばれ戦争は終結しました。

 

 

第三次サムニウム戦争

戦争期間:前298年 - 前290年
急速に征服地を拡大していくローマに危機感を感じ、紀元前298年サムニウム人が独立を求め起こした反乱が発端となりました。
しかし飛ぶ鳥を落とす勢いのローマを倒すことは叶わず敗北。この敗戦によりサムニウムはローマの支配下に置かれることになりました。サムニウムを征服したことで、ローマの支配はイタリア半島のほぼ全域をカバーするようになりました。

 

・サムニウム戦争で重要な役割を果たしたアッピア街道

アッピア街道は、サムニウム戦争において、迅速に軍隊を派遣できるように、軍用道路として建設された道路です。紀元前312年の第二次サムニウム戦争の時期に、アッピウス=クラディウスの指揮により建設されました。
この街道はローマ街道の中でも最も有名なものの1つで、「街道の女王」という異名を持っています。

 

トップへ戻る