ローマ市民権の内容やメリットとは|女性には与えられず?

ローマ市民権の内容やメリットとは|女性には与えられず?

ローマ市民権の内容やメリットとは|女性には与えられず?

ローマ市民権とは、古代ローマにおいて、ローマ市民に与えられた様々な権利です。ローマ人とはローマ市民権を持つ人々のことを指します。ここではローマ市民権を持つことによるメリットや得られる条件などについて解説しています。

 

 

ローマ市民権のメリット

市民権を持つ者は、民会における選挙権・被選挙権/婚姻権/裁判権・控訴権/ローマ軍団兵への入隊権/財産相続権などの権限を有していました。これらは奴隷や外人にはない権利で、市民権を持つ大きなメリットといえます。

 

・女性に市民権はない

自由民であっても、奴隷や外人と同じく女性にはローマ市民権は与えられませんでした。男性の場合、両親がローマ人の場合、生まれた段階で自動的にローマ市民権が与えられましたが、女性は両親がローマ人でも市民権を持つことはできなかったのです。

 

・市民権を求め起こった反乱

同じローマの住民でも、ローマ市民権を持つ者、持たない者がいます。ローマの植民市の1つである同盟市の人間には、ローマ市民権が与えられませんでした。この不平等に対して不満を持った人々の反乱が発端となり起こったのが同盟市戦争です。

 

トップへ戻る