ミラノ勅令の内容や目的を簡単に|キリスト教迫害に終止符

ミラノ勅令の内容や目的を簡単に|キリスト教迫害に終止符

ミラノ勅令の内容や目的を簡単に|キリスト教迫害に終止符

ミラノ勅令というのは、313年にコンスタンティヌス1世が、リキニウス帝とミラノで会見した際に発した勅令です。キリスト教を初めて公認し、ローマにて長期間行なわれていたキリスト教迫害に終止符を打つものとなりました。

 

 

ミラノ勅令の内容や目的

キリスト教を信仰する自由を認め、協会の没収財産の返却、教団の法人としての認知などが定められた勅令です。急速に増えていたキリスト教徒の支持を得て、帝国統治に利用することを目的とした措置とされています。

 

ミラノ勅令発布の背景

専制政治を推し進め、キリスト教が国家統一の邪魔になると考えたディオクレティアヌス帝により、キリスト教迫害は激しさを増していました。しかしこの弾圧で統治が良い方向に行くことはなかったので、東方正帝ガレリウスは寛容令を発し弾圧を終了させたのです。

 

ミラノ勅令を発布した場所

弾圧を止めたところで、西方正帝コンスタンティヌスがミラノでリキニウスと会談し、ミラノ勅令の発布を決定。これでようやくキリスト教徒が安心して過ごせるローマになりました。

 

トップへ戻る