古代エジプト文明の滅亡原因|古代ローマによる属州化まで

古代エジプト文明の滅亡原因|古代ローマによる属州化まで

古代エジプト文明の滅亡原因|古代ローマによる属州化まで

古代エジプト文明の滅亡原因|古代ローマによる属州化まで

 

古代世界の先進文明といえば、古代ギリシアや古代ローマにばかり目が向けられがちですが、これはあくまで西洋文明の源になったため、というのがあります。文明開化の早さでいえば、古代エジプトは古代ギリシアや古代ローマよりも1000年は早く文明開化を遂げていました。

 

 

ギリシアやローマは、エジプトを始めとしオリエント文明圏から先進的な文化を積極的に取入れることで、発展することができたのです。エジプトとの関係の理解なしにローマ史は語れないといっていいでしょう。

 

ローマとエジプトの貿易関係

エジプトはナイル川の恵みで豊かな資源と富に溢れており、ギリシアやローマはここから様々な物資を輸入することで発展していくことができました。ローマはワインやオリーブなどを特産品に、エジプトから大量の穀物を輸入していました。

 

・ローマとの戦い、そしてローマ属州へ

前2世紀頃から地中海世界で急速に存在感を強めていくローマの影響力を受けるようになります。
前1世紀末のアクティウムの海戦でローマとの戦いに敗北したことで、大都市アレクサンドリアが陥落し、プトレマイオス朝は滅亡していまいました。王朝の解体をもってエジプトはローマ属州となってしまいました。

 

 

トップへ戻る