パトリキ(貴族)とは

古代ローマのパトリキ(貴族)とは|貴族政下であらゆる権利を独占

古代ローマのパトリキ(貴族)とは|貴族政下であらゆる権利を独占

ローマ市民のうち、プレプス (平民)と対比してパトリキ(貴族)と呼ばれたのは、ローマ社会の血統貴族(世襲貴族)の人々です。
王政ローマ期の元老院では、会議で王を選抜する役割を与えられていました。前6世紀末なるとパトリキの主導でエトルリア系の王を追放して貴族政を成立させました。

 

語源
「パトリキ(Patricii)」という語はラテン語の「父(pater)」 に由来しており、「富を受け継ぐ者」、「ノブレス・オブリージュの責務を負う者」といった意味合いが込められています。

 

 

ローマ社会の実権を掌握

共和政初期、パトリキには血統至上主義的な考えが根底にありプレブスを差別しました。行政や宗教的行事にプレブスが関わることを許さず、土地や家畜、奴隷などあらゆる財産を独占的に所持、政治的にも経済的にもローマの実権を独占的に掌握していたのです。

 

プレブスとの身分闘争

しかし商工業で儲かるプレブスが出てきたり、重装歩兵としてプレブスが国家防衛に欠かせない存在になってくると、この不平等に異を唱えるプレブスが増え始めました。
パトリキは最初は既得権益を守ろうと、対立姿勢をとっていましたが、プレブスの存在は国家防衛の要ですから、参政権を拡大するなどしだいに譲歩するようになりました。

 

プレブスとの権利差がなくなる

やがてはプレブスにも公職が解放されるようになりました。紀元前367年のリキニウス法でコンスルの1人を執政官から任命するよう定められ、紀元前287年のホルテンシウス法の平民会が成立したことで、プレブスとパトリキの政治的権利に差はほぼなくなりました。

 

ノビリスの誕生

有力なプレブスが出現し、上流階級に混在するようになったことでノビリス(新貴族)と呼ばれる新しい階級も誕生しました。

 

 

 

トップへ戻る