古代ローマの社会階級|パトリキとプレブスの違い

古代ローマの社会階級|パトリキとプレブスの違い

古代ローマの社会階級|パトリキとプレブスの違い

ローマ社会にはパトリキ/プレブスなどと呼ばれる市民階級が存在しました。同じローマ市民でも普段の生活や、社会での役割などは大きく異なっていました。パトリキにはパトリキにしか、プレブスにはプレブスにしか見えない世界があったのです。

 

 

・パトリキ(貴族)/プレブス(平民)の違い
パトリキ

パトリキとはいわば貴族階級の市民のことで、古代ローマ社会における実権を握っていた人々です。共和政ローマ初期では、一握りのパトリキで独占された元老院がローマの最高決定機関となっていたので、平民の意見が反映されにくい状態でした。

 

プレブス(平民)

プレブスとはローマ社会において中級以下の階級の市民、いわば平民です。裕福な血統貴族であるパトリキと対比して用いられ、長らく宗教的な行事や行政に関わることは許されませんでした。

 

新たな支配階級ノビレス(新貴族)とは

共和政後期になると、商工業で成功し、莫大な資産を持つプレブスが出現するようになりました。プレブスの政治的発言力が増し、「貴族」と「平民」の違いがなくなってきたことで、ノビレス(新貴族)と呼ばれる新たな支配階級が誕生したのです。

 

トップへ戻る