三頭政治のメリットをわかりやすく|カエサルの目的とは

三頭政治のメリットをわかりやすく|カエサルの目的とは

三頭政治のメリットをわかりやすく|カエサルの目的とは

三頭政治とは、共和政末期、共和政から帝政に移行する過程で、3人の有力政治家の連携で行なわれる政権運営のことです。
紀元前60〜53年の第一回三頭政治と、紀元前43〜36年の第二回三頭政治があり、それぞれ以下の有力者による支配が行なわれました。

 

 

・第一回三頭政治

構成員:
ユリウス・カエサル/グナエウス・ポンペイウス/リキニウス・クラッスス

 

マンネリ化した元老院による政治支配から脱するべく、カエサルがポンペイス、クラッススに密約を持ちかけたことで始まりました。前53年クラッススの戦死により解消され、ポンペイウスが倒されたことで、カエサルによる独裁制が始まりました。

 

・第二回三頭政治

構成員:
オクタウィアヌス/マルクス・アントニウス/アエミリウス・レピドゥス

 

上記三人が「国家再建三人委員」に任命されることで始まりました。前36年、レピドゥスの脱落により解消され、のちにオクタウィアヌスがアントニウスを破ること、元老院の支配体制に終止符を打ち、元首政(プリンキパトゥス)が始まりました。

 

トップへ戻る