共和政ローマの特徴|独裁を防ぐ仕組みを確立

共和政ローマの特徴|独裁を防ぐ仕組みを確立

共和政ローマの特徴|独裁を防ぐ仕組みを確立

共和政は古代ローマにおいて前509年から前27年まで採用された政治形態です。紀元前509年の王政が打倒され貴族政が始まり、その貴族政も身分闘争を経て打倒され、平民も政治に参加する共和政が成立したのです。

 

 

共和政の特徴

共和政は、君主(王様)を置かず、有権者により選ばれた市民によって社会運営を行なう政治形態です。王政末期に、貴族(パトリキ)が王を追放することで貴族共和政に移行しました。
元首として、王に代わりに同等の権力を持つ2人の最高政務官執政官(コンスル)を選挙で選出し、執務を交代で行なわせることで、権力者の独裁を防ぐ仕組みを作り上げました。

 

貴族共和政の終焉

そしてしばらく貴族による世襲支配が続いていましたが、国家防衛において平民主体の重装歩兵が欠かせない存在になったことで、平民の政治的発言力が強くなり、血統差別を排した市民による国家運営へと移行していきました。

 

帝政への移行

ローマはこの共和政時代に、地中海世界全域にまで領土を拡張していくことになりますが、広大な帝国領を治める上で、共和政の意思決定の遅さが足かせになるようになりました。そのため、反共和主義者により共和主義者が粛清され、1人の人間に権力を集中させる帝政に移行していったのです。

 

トップへ戻る