古代ローマの政治

古代ローマの政治

古代ローマの政治

元老院は、特に共和政期に政治運営の中心となり、古代ローマ社会の実権を握っていた統治機関です。元老院の役割国内政治、外交、財政、立法などあらゆる分野の最高決定機関であり、ローマという国家の舵取りを任されていました。元老院で決められたこと戦争や遠征の承認/講和に関する話し合い/税金や国庫に関すること/外交問題の話し合い等元老院の任期元老院議員は終身制です。なので、1度選出されてしまえば、老いて公務がつ...

コンスル(執政官)は、古代ローマの官職の1つで、共和政ローマでは元首にあたる存在です。王政崩壊後のローマ政治における最高政務官であり、509年の共和政成立とともに、2人官として成立しました。日本でいう総理大臣、アメリカでいう大統領が2人いるようなものですね。執政官の仕事内容政治・軍事・裁判・宗教などあらゆる分野の最高決定権を有しており、民会や元老院の招集権や議案提出権も執政官にありました。そして外...

プラエトル(法務官)は、古代ローマの政務職のうち、主に司法を担当していた官職です。地位の高さとしてはコンスル(執政官)に次ぎ、コンスルと同じくインペリウム(命令権)を有していました。「プラエトル」という呼称について共和政の最初期には、ローマの最高統治者を指す言葉としては「コンスル」ではなく、「プラエトル」という呼称が使われていました。「プラエトル」とは「指揮する者」 という意味の「praeire」...

古代ローマは、建国最初期の王政に始まり、共和政、帝政と政治体制を移行していきました。古代ローマ史の理解と、各々の政治体制の特徴の違いを理解することは密接に関係しているので、しっかり抑えておきましょう。王政採用期間:紀元前753年(建国)-紀元前509年1人の統治者に全ての権限を集中させる政治形態です。君主制ともいいます。王は貴族で構成された元老院議員により選出されていました。ローマ最初期の政治体制...

王政は、古代ローマが最初期に採用していた政治形態で、1人の最高権力者(君主)にあらゆる権限を集中させ、独裁的な国家運営を行なうという特徴があります。ローマで王政がしかれていたのは前753年の建国から前509年のエトルリア王追放までの期間です。・王の実在について王政ローマは、紀元前753年4月21日ティベリス川の畔に、ロムルス王を初代王として建国されました。以降全部で7代の王が続いたと伝えられており...

共和政は古代ローマにおいて前509年から前27年まで採用された政治形態です。紀元前509年の王政が打倒され貴族政が始まり、その貴族政も身分闘争を経て打倒され、平民も政治に参加する共和政が成立したのです。共和政の特徴共和政は、君主(王様)を置かず、有権者により選ばれた市民によって社会運営を行なう政治形態です。王政末期に、貴族(パトリキ)が王を追放することで貴族共和政に移行しました。元首として、王に代...

帝政は古代ローマにおいて前27年から前年まで採用されていた政治形態で、元首である「皇帝(エンペラー)」が独占的な権力を持ち、国家の舵取りを行ないます。帝政のメリット民主的にあれこれ相談して決めなくて良いのでフットワークが軽く有事の対応がスピーディに行えます。しかし一方で、皇帝の能力が低ければ、瞬く間に国が傾くのもそれだけ早いということになります。帝政ローマの元老院皇帝にあらゆる権限が集中したことで...

ドミナートゥス(専制君主制)というのは帝政ローマ末期における政治形態です。「ドミヌスによる支配」を意味しており、ドミヌスというのは臣民から皇帝への呼称です。ドミナートゥス成立の誕生の背景共和政ローマにおいて、数々の偉業を成し遂げたカエサルが絶大な権力を持つようになり、彼は共和政を終わらせ、元老院も市民集会も無視し、あらゆる意思決定を自分1人で独占する政治体制をつくりあげようとしました。しかし伝統的...

三頭政治とは、共和政末期、共和政から帝政に移行する過程で、3人の有力政治家の連携で行なわれる政権運営のことです。紀元前60〜53年の第一回三頭政治と、紀元前43〜36年の第二回三頭政治があり、それぞれ以下の有力者による支配が行なわれました。・第一回三頭政治構成員:ユリウス・カエサル/グナエウス・ポンペイウス/リキニウス・クラッススマンネリ化した元老院による政治支配から脱するべく、カエサルがポンペイ...

テトラルキア(四分統治)は、古代ローマの帝政期に行なわれた政治体制の1つです。293年に皇帝ディオクレティアヌスにより開始されました。テトラルキア成立の背景前3世紀末、ディオクレティアヌスはドミナートゥス制(専制君主制)を断行し、「3世紀の危機」とも呼ばれる内乱で国が疲弊した軍人皇帝時代に終止符を打ちました。しかしその後も、広大な帝国領をいかに統治し続けるかという課題は残っていました。四分統治そこ...

プリンケプスとは、「市民の第一人者」「指導者」を意味する言葉で、ローマ帝国初代皇帝であるアウグストゥスが自称した称号です。プリンケプスを名乗った理由アウグストゥスは共和主義者を粛清して、1人の最高権力者にあらゆる権限を独占させる元首政を成立させました。その際にいわゆる「独裁体制」を連想させる王号を避けて、「プリンケプス(市民の第一人者)」と名乗り、共和政への敬意をアピールすることで、反発を避けたの...

トップへ戻る