アウレリアヌス|太陽神を国教化した皇帝

アウレリアヌス|太陽神を国教化した皇帝

アウレリアヌス|太陽神信仰を国教化した皇帝

皇帝アウレリアヌス(在位270〜275年)はダキアの庶民出身で、職業軍人から皇帝の地位まで上り詰め、軍人皇帝時代混乱を極めたローマの秩序を安定へと導きました。後世、帝国を復興させた有能な統治者として「世界の回復者(restitutor orbis)」と評されています。

 

 

アウレリアヌスの足跡
即位

帝国各地の軍閥から皇帝の擁立と廃位が繰り返された軍人皇帝時代、ガリエヌス帝を暗殺を首謀し、暗殺後はクラウディウス2世ゴティクスを帝位につけました。

 

軍功と死

クラウディウスの死後は皇位を継ぎ、ローマ帝国領に侵入してくる異民族(ゴート族、ヴァンダル族など)の対処や、周囲19kmもの城壁建造で首都の防衛力強化にあたりました。
さらにガリアの反乱の鎮圧、女王ゼノビア率いるパルミラからの東方属州奪還など、数々の軍功でも名高い指導者です。275年、ペルシア遠征に赴いた際、軍隊の暴動によって殺害されました。

 

トップへ戻る