古代ローマの偉人辞典

古代ローマの偉人辞典

古代ローマの偉人辞典記事一覧

皇帝アウレリアヌス(在位270〜275年)はダキアの庶民出身で、職業軍人から皇帝の地位まで上り詰め、軍人皇帝時代混乱を極めたローマの秩序を安定へと導きました。後世、帝国を復興させた有能な統治者として「世界の回復者(restitutor orbis)」と評されています。アウレリアヌスの足跡即位帝国各地の軍閥から皇帝の擁立と廃位が繰り返された軍人皇帝時代、ガリエヌス帝を暗殺を首謀し、暗殺後はクラウディ...

アウグストゥス(出生時の名はガイウス・オクタウィウス)はローマ帝国の初代皇帝です。養父カエサル亡き後、内戦でバラバラだった地中海世界を平定し、100年近く続いたローマ内戦に終止符をうちました。そして共和主義者を粛清することで、元老院支配の政治体制を終わらせ、帝政ローマを創始しました。アウグストゥスの足跡第二回三頭政治カエサル暗殺後、反カエサル派打倒という共通の目的を達成する為、カエサルの後継者であ...

ローマの皇帝支配に終止符を打ち、西ローマ帝国を滅ぼしたゲルマン人の傭兵隊長オドアケルについて紹介しています。・オドアケルは何人?オドアケルはゲルマン人ですが、ゲルマン人のどの部族であるかは不明とされており、ヘルール族、テューリンゲン族など諸説あります。オドアケルがローマ皇帝を廃位するまで前4世紀末頃から、フン族の圧力を受けたゲルマン人が大移動を開始し、西ローマ帝国の領内に頻繁に侵入してくるようにな...

トップへ戻る