古代ローマで普及した時計|日時計と水時計の仕組み

古代ローマで普及した時計|日時計と水時計の仕組み

古代ローマで普及した時計|日時計と水時計の仕組み

古代ローマで使われていた時計を紹介しています。電池などない古代世界でも、自然の法則を利用した様々な工夫で時間を把握していたようです。

 

日時計

ローマで最も広く用いられていたのは日時計です。立てた指針が日光に照らされ、盤の上に落とす影の方向により時刻を知ることができます。太陽の高さは季節によって変わるので、指針の影が示す位置で季節も把握することができました。
公共の広場や建築物などに取り付けられ、それを見てローマ市民は時間や季節を把握していました。直径数センチほどの携帯用の日時計も存在しました。

 

アウグストゥスの日時計

前10年にはアウグストゥス帝の命によって、広場ほどの大きさの古代世界最大の日時計が作られました。指針にはエジプト征服の象徴として、エジプト・ヘリオポリスから持ち込まれたオベリスク(高さ30m)が用いられていました。

 

 

水時計

日時計に次いで需要があったのが水時計です。ガラスの壺の上に水滴がしたたり落ちる容器が設置してあり、貯まった水の水位とガラスに刻まれた時刻のメモリを照らし合わせて、時間の経過を知ることができます。

 

日時計との比較

太陽の出ていない夜やどんよりとした曇りの日でも時刻を知ることができるという点は日時計にないメリットです。逆にデメリットとしては、水圧により流速が変化するので、日時計より正確さに欠けるという点です。ただ改良で正確性は向上していきました。

 

水時計の起源

古代ギリシアの水時計クレプシドラ(「水を盗む」という意)がローマに伝わったのを皮切りに、豊かさの象徴として裕福な人々を中心に普及していました。

 

トップへ戻る