古代ローマにおける葬儀とは|土葬か火葬か

古代ローマにおける葬儀とは|土葬か火葬か

古代ローマにおける葬儀とは|土葬か火葬か

霊魂は不滅であり、死後一定期間肉体の周辺にとどまった後楽園に旅立つ。古代ローマ人はこのように考えていました。
なので霊魂を楽園に送り届ける為の儀式として葬儀大変重視されました。

 

 

葬儀の方法

葬儀には主に火葬土葬がありますが、ローマ社会ではどちらも普及していました。
初期の頃はギリシア文化の影響を受け火葬が一般的でしたが、やがて火葬も根付いていきました。火葬は費用がかかるので、経済的な余裕がない場合、もしくは肉体の復活を信じる人は土葬を選択していました。

 

葬儀の準備

故人の体が冷たくなる前に体を伸ばし、葬儀の前に遺体を綺麗に洗い、香油を塗ります遺体は墓所に衣類や武器などと共に埋葬され、葬儀後も食物が備えられました。

 

 

トップへ戻る