古代ローマにおける結婚とは|結婚指輪はローマ発祥

古代ローマにおける“結婚”とは|結婚指輪はローマ発祥

古代ローマにおける“結婚”とは|結婚指輪はローマ発祥

古代ローマにおける結婚事情をまとめています。

 

結婚年齢

古代ローマの結婚年齢は非常に若く、下層階級の女性は10代後半から20代前半には結婚していました。元老院など上層階級の男性は20代前半に結婚することが理想とされていたようです。

 

結婚指輪はローマ発祥

婚姻を結んだ者の「愛の証」として男女ペアの結婚指輪(マリッジリング)を身につけるのは、世界的な慣習ですが、実はこの慣習古代ローマより始まったものといわれています。
ただ当時の結婚指輪は、「愛の証」というより、女性が男性に対して「忠誠を誓う証」として用いられていたようです。
指輪は花嫁ではなく花嫁の父親に与えられるのが通例で、どうやら当時の感覚として、結婚とは「父親から娘を買う」という意味合いが強かったようです。

 

トップへ戻る