クロアカ・マキシマとは|古代ローマ最初の下水道

【インフラ】クロアカ・マキシマとは|古代ローマ最初の下水道

クロアカ・マキシマとは|古代ローマ最初の下水道

下水道は、都市の雨水や汚水を地下水路などで集めた後で、川や海などに排出するための設備です。水害防止、公衆衛生の改善、水質汚染防止など人々が都市生活を送る上でなくてはならない重要な役割を担ってることから、古代社会でもすでに建設されていたのですが、中でも有名なのが古代ローマのクロアカ・マキシマです。

 

ローマ最初の下水道クロアカ・マキシマとは

クロアカ・マキシマは古代ローマで最初に建設された下水道です。紀元前600年頃、王政ローマの第五代王タルクィニウス・プリスクスにより建設されました。エトルリア人の技術者を使い、ローマの下級市民を労働力として動員することで完成させたちと伝えられています。この下水道は、ローマ帝国時代までも修繕を重ねながら使い続けられました。

 

トップへ戻る