古代ローマを支えた奴隷制度|奴隷の仕事・生活・値段など

古代ローマを支えた奴隷制度|奴隷の仕事・生活・値段など

古代ローマを支えた奴隷制度|奴隷の仕事・生活・値段など

奴隷とは人権を認められず、商品として売買され、主人の所有物として扱われる人々のことです。ローマの繁栄は奴隷制度が支えていたところが非常に大きいです。

 

奴隷になる理由

奴隷は戦争捕虜や奴隷の子供が大半を占めていました。
借金の返済に苦しむ自由人が自らを売って奴隷になったり、同様の理由で親に売られた子供が奴隷になることもありました。

 

 

奴隷の仕事の種類
教師/医師/会計士

「奴隷」という言葉からは、鎖に繋がれてひたすら肉体労働を強いられているイメージを受けるかもしれません、そういう古典的な姿が奴隷の全てではなく、教師、医師、会計士といった知的労働に携わる者も奴隷だったんですよ。知的労働に携わる奴隷にはそれなりの報酬も与えられ、現代の「奴隷」のイメージからはかけ離れていたといえます。

 

農場奴隷

地主に農場で働かせられる奴隷です。場合によっては死ぬまで酷使させられた、最も過酷な奴隷労働の1つでした。

 

家内奴隷

家で家事全般を任せられている奴隷です。

 

剣闘士

またコロッセウム(円形闘技場)で見せしめの殺し合いをさせられていた「剣闘士」も奴隷の1種です。
死に直結する仕事なので好んでやろうとする者はそうそうおず、反抗的な奴隷が懲罰で剣闘士にされることが多かったです。

 

・奴隷の値段

奴隷の値段は奴隷の性別や年齢などによって異なっていました。

 

・成人男性の奴隷…約1000セステルティウス/1人
・成人女性/40歳以上の男性/14歳以下の少年の奴隷…約800セステルティウス/1人
・老人、幼児の奴隷…約400セステルティウス/1人

 

 

トップへ戻る