古代ローマの人口と平均寿命

古代ローマの人口と平均寿命|全盛期をみていよう

古代ローマの人口と平均寿命|全盛期をみていよう

古代ローマにおける人口や平均寿命はどの程度だったのでしょうか。

 

古代ローマ時代の人口

古代ローマ全盛期の人口は約6000万人にも達していました。現代のフランスやイギリスと同程度の人口規模を抱えていたことになります。ただし古代ローマの人口密度は、これらの国よりはるかに低かったことは留意しておく必要があります。

 

ローマ帝国の人口密度
・ローマ帝国…14人/km2
・現代フランス…120人/km2
・現代イギリス…270人/km2

 

 

都市ローマの人口

パックスロマーナ時代の都市ローマの人口は100万人に達していました。この時代の都市ローマには、ローマ帝国の富の大半が集中しており、貴族や富裕層の贅沢な暮らしぶりは他の都市とは比べものにならないものでした。

 

古代ローマ時代の平均寿命

古代ローマ人の平均寿命は25歳程度だったといわれています。今と比べ異常に短いのは、乳幼児死亡率が非常に高く、3分の1ほどは乳幼児の段階で死亡していたためです。5歳以上生きたローマ人に関しては、40代程度までは生きたといわれています。

 

ローマの女性は多産

上述した乳幼児死亡率の高さから、跡取りや労働力のために女性は一生で6人から9人の子供を産んでいましたが、今のように医療技術が発達していないので、出産時の負担が原因で亡くなる女性も多かったです。

 

 

トップへ戻る