古代ローマの住宅ドムスとは|貴族だけが住めた一戸建て

古代ローマの住宅ドムスとは|貴族だけが住めた一戸建て

古代ローマの住宅ドムスとは|貴族だけが住めた一戸建て

古代ローマの都市住宅には、マンションやアパートにあたる集合住宅インスラと、一戸建てにあたるドムスがありましたが、大半のローマ市民は、ドムスよりもずっと狭いインスラに住んでいました。都市化がすすみ住宅地の土地が高騰すると、広々としたドムスに住めるのは一部の富裕層に限られていました。

 

 

ドムスの語源

「ドムス」とは、ラテン語で「家、邸宅」を意味し、英語の 「domestic(家庭の)」はこの「ドムス」が語源となっています。

 

ドムスの構造
アトリウム

住居の前半分を占める家の中心的な空間には天窓を備えた中庭(アトリウム)があり、玄関ホールから直接続く場所に位置していました。

 

インプルウィウム

アトリウムの中央にある雨水を貯める為の浅い水盤です。

 

ペリステュルム

アトリウムの奥に配置される住居の後ろ半分を占める裏庭です。周りを寝室やダイニングルーム、食堂などが囲んでいます。

 

タブリーヌム

アトリウムとペリステュルムの間に位置する空間で、主に応接間として用いられました。

 

 

トップへ戻る