古代ローマ人の服装の特徴|役割や巻き方

古代ローマ人の服装の特徴|役割や巻き方

古代ローマ人の服装の特徴|役割や巻き方

古代ローマでは、トーガと呼ばれる、半円形(もしくは楕円形)の布を体に巻くように着るゆったりとした衣服が普及していました。ギリシアのヒマティオンが発展してできたという説もありますが、エトルスク人が着ていたテベンナ(tebenna)という衣服から派生したという説のほうが有力です。

 

 

トーガの語源

「トーガ」は「覆う」を意味するラテン語「テゲレ(tegere)」が語源となっています。

 

トーガの役割

古代ギリシアのヒマティオンに似ていますが、大きさはその3倍近くあります。最初はヒマティオンと変わりませんでしたが、時代を下るにつれて大きくなりローマの権威を象徴する服になったようです。またトーガは階級により色や着用方法まで定められるようになり、身分標識として機能するようになりました。

 

トーガは男性専用

初期の頃は、男女や階級に関係なく着られていましたが、共和政時代には女性の着用が禁止され、男性専用の衣服となりました。
トーガが男性専用の衣服になったことで、女性はヒマティオンに近いギリシア風の軽量な服を着用するようになりました。

 

トーガの素材

トーガの素材は当時一般に普及していたウール(羊毛)です。木綿はまだ伝わっておらず、絹は高価だったのであまり使われませんでした。

 

 

トップへ戻る