古代ローマ人の食生活|庶民・貴族・奴隷の違い

古代ローマ人の食生活|庶民・貴族・奴隷の違い

古代ローマ人の食生活|庶民・貴族・奴隷の違い

古代ローマ人の食生活|庶民・貴族・奴隷の違い

 

古代ローマ人はどのような食生活を送っていたのでしょうか。庶民、貴族、奴隷など階級別に見てみましょう。

 

この記事の内容
庶民の食事
貴族の食事
奴隷の食事
 -剣闘士の食事

 

 

庶民の食事

まず主食はヨーロッパ人らしくパンでした。このパンは配給制で、ローマ市民であれば無料でもらうことができました。また古代では今のような冷蔵技術などないので、長持ちするようにカッチカチに乾燥させてあります。その為食べる時はワインに浸して柔らかくして食べるのが一般的でした。
上述したように冷蔵技術がないので、干し魚やチーズ、ナッツなど保存が効く食材が副食の主流でした。庶民の家庭で火を焚くことなどは基本許されていないので、本格的な料理といったら、飲み屋くらいでしか食べられませんでした。

 

貴族の食事

一部のお金持ちには、火を通した魚料理や生牡蠣など海鮮系の食材が好まれていたようです。
ローマの貴族はとにかく食べることに貪欲で、より多くの料理を楽しむ為にお腹いっぱいになったら吐いてまた食べるといった、ちょっと引くレベルの豪遊にふけっていたなんて話もあります。

 

奴隷の食事

古代ローマにおいて奴隷は貴重な労働力でした。奴隷は法的には物扱いですが、最低限の食事を与えなければ仕事をさせられません。主人にもより待遇に差はありますが、奴隷用の質の悪いパンなどが与えられていたようです。

 

剣闘士の食事

奴隷の中でも剣闘士奴隷には大麦が与えられていました。大麦というのは小麦と違い、基本家畜の飼料であり、剣闘士は侮蔑の意味を込めて「大麦食い(ホルデアリウス)」なんて呼ばれていたそうです。

 

トップへ戻る