第一次奴隷戦争とは

第一次奴隷戦争とは

第一次奴隷戦争とは

奴隷戦争といえば、剣闘士奴隷スパルタクスがローマへ反乱を起こした「スパルタクスの乱(第三次奴隷戦争)」が最も有名ですが、それ以前に2回奴隷によるローマへの反乱が起きています。

 

その一度目の反乱が紀元前135年から紀元前132年にかけ発生した第一次奴隷戦争です。

 

第一次奴隷戦争の発端

第一次、第二次ポエニ戦争でローマの属州となったシチリア(現在のシチリア島)のエンナの奴隷による反乱が火ぶたとなりました。

 

ローマのエクィステス(騎士階級)は奴隷達に十分な食料も服も与えず、非常に過酷な生活を強いたことで、不満が募り大規模な反乱に繋がったのです。最終的に反乱軍は20万に達したとのことです。

 

シリア出身で預言者とされたエウヌスと、キリキア出身で軍事に長けたクレオンが指導者となり、ローマに対しそれなりに善戦したものの、最終的にはローマの物量で抑えられました。

トップへ戻る