ヌマンティア戦争とは

ヌマンティア戦争とは

ヌマンティア戦争とは

ヌマンティア戦争(第二次ケルティベリア戦争)は、紀元前153年から紀元前133年に起こった、イベリア半島中部ヒスパニアのケルティベリア人と共和政ローマとの間で起こった戦争です。

 

イベリア人とローマ人の戦いは2度目であり、ケルティベリア人は第一次ケルティベリア戦争で敗れたことで1度ローマに服属しています。

 

その時ローマは講和条約の1つとして、ケルティベリア人に城壁都市を築くことを禁じていましたが、彼らが住むセゲダという集落が大きくなり、城壁が築かれ出したたことで、両者の関係が悪化します。

 

協議決裂・開戦

当初ローマは、城壁建設を黙認する代わりに、ローマへの兵力供出と貢納を求めましたが、ケルティベリア人がこれを拒否。ローマは条約違反としてセゲダに宣戦し、ヌマンティア戦争が始まったのです。

 

戦いは20年も続き、ローマは度々苦戦しましたが、結果的に持久力で勝るローマが勝利し、ヒスパニアにおける支配圏をより強固なのものとしました。

トップへ戻る