ルシタニア戦争とは

ルシタニア戦争とは

ルシタニア戦争とは

ルシタニア戦争とは、紀元前155年から紀元前139年に起こった、共和政ローマとルシタニ人との間で起こった戦争です。

 

イベリア半島の西にあるルシタニアが戦場となりました。

 

ローマは第二次ポエニ戦争の結果、イベリア半島の海岸部を勢力圏に組み入れていましたが、半島西部のルシタニアは勢力圏外でした。

 

そして紀元前155年にルシタニア人が、ローマの支配圏に進出し始めたことで、戦争が始まったのです。

 

ローマは賄賂を使って、前140年にルシタニアのヴィリアトゥス王を暗殺し、頭を失ったルシタニアはその後もろく崩れ、ローマに服属することになります。

トップへ戻る