古代ローマの農業形態「コロナートゥス」とは

古代ローマの農業形態「コロナートゥス」とは

古代ローマの農業形態「コロナートゥス」とは

コロナートゥスは古代ローマにおける農業形態の1種です。

 

コロナートゥスが広まるまでは、ラティフンディウムと呼ばれる農地経営が行なわれていました。

 

ラティフンディウムは奴隷労働に頼った貴族達による大土地経営であり、パックスロマーナ時代で戦争が減ったことによる奴隷数減少で、この経営手法は成り立たなくなっていきました。

 

ラティフンディウムとの違い

そこで貴族達は奴隷の代わりに、自由人の没落農民を小作人(コロヌス)として雇い始めました。

 

コロヌスに土地を貸し付け、地代を取り立てることで収益を増やすという方針に切り替えたのです。

 

コロヌスはローマ市民権を持つ自由人なので、財産を持つ権利、子孫に財産を残す権利などを持っていました。

 

その為総じて労働意欲が高く、高価になっていた奴隷より高いコストパフォーマンスが見込めたのです。

 

古代ローマにおけるコロナートゥスは、中世における農奴制の端緒となりました。

トップへ戻る