古代ローマのノビレス(新貴族)とは

古代ローマのノビレス(新貴族)とは

古代ローマのノビレス(新貴族)とは

共和政ローマ初期において、ローマの実権を握っていたのは「パトリキ」と呼ばれる一握りの世襲貴族でした。

 

ローマ市民の圧倒的多数を占めるプレブス(平民)は、行政や宗教的行事を許されず差別的な扱いを受けていました。

 

しかしローマ防衛における重装歩兵の重要度が増すと、プレブスの発言力が増すようになり、しだいにパトリキと対立するようになります。

 

激しい身分闘争の結果、パトリキは譲歩を進めていくこととなり、リキニウス法、ホルテンシウス法の制定を経て、ようやくプレブスはパトリキと同等の権利を得ることができるようになったのです。

 

ノビレスとは

一部の有力なプレブスは、元老院議席まで持つようになり、さらにその議席を世襲するまでになりました。

 

共和政時代後半には、プレブスとパトリキが融合し、ノビレス(新貴族)と呼ばれる新たな名門層が誕生したのです。

 

ノビレスとは、「高貴な」という意味を持ちます。

 

パトリキとの違い

ノビレスがそれまでのパトリキと異なるところは、プレブス出身のノビレスは平民としての権利を所持していたということです。例えば平民のみで構成された民会への参加も可能でした。

 

また彼らは大土地所有者で、クリエンテス(被保護者)と呼ばれる従者を多数従えていました。

 

このようにパトリキからノビレスとなって元老院議席を得て、行政における絶大な影響力を行使したもののは、ノウス・ホモと呼ばれるようになります。

トップへ戻る