古代ローマのプレブス(平民)とは

古代ローマのプレブス(平民)とは

古代ローマのプレブス(平民)とは

ローマ市民の圧倒的多数を占めていたのが、プレブス(平民)と呼ばれる中級以下の庶民です。

 

ローマ人はこの大多数のプレブス(平民)と、一握りの富裕層パトリキ(貴族)で構成され、政治的・経済的な実権はほぼパトリキにより独占されていました。

 

共和政初期まで、血統至上主義的な考えのパトリキから差別的な扱いを受け、政治的、宗教的行事への参加が許されなかったのです。

 

パトリキとの身分闘争

しかしプレブスが重装歩兵として活躍するようになると、彼らの発言力が増し、政治参加や土地の分与など平等を求める身分闘争が激化します。

 

プレブスはローマ防衛の貴重な戦力です。無下にするわけにもいかないので、最初は反発していたパトリキもしだいに譲歩するようになりました。

 

そして紀元前367年のリキニウス法でコンスルの1人を執政官から任命するよう定められ、紀元前287年のホルテンシウス法で平民会が成立※したことで、両者の身分差はほぼなくなったのです。

 

ノビレス(新貴族)の誕生

ただし結局のところ、行政に参加できるのもまた一定の財産のある一握りのプレブスのみだったので、真の共和政とは言えない状態であったことは変わりありません。

 

プレブス上層の特権的な階級を指す「ノビレス(新貴族)」という新しい概念も生まれました。

トップへ戻る