古代ローマの神殿の役割

古代ローマの神殿の役割

古代ローマの神殿の役割

古代の神殿といえばギリシアのイメージが強いかもしれませんが、古代ローマでも神殿は信仰の場として大事にされていました。

 

代表的なのがイタリア・ローマに建てられたヘラクレス・ウィクトール神殿ですが、パルテノン神殿のように大きくはなく、わりとコジンマリした神殿が目立ちます。

 

円の周縁に柱が立ち並び、中央には内陣(cella)と呼ばれる主室があるシンプルな作りとなっています。

 

内陣には信仰対象の像(ローマ神話の神々)が置かれており、儀式の際には多くの人が参拝に訪れました。その際にはお供え物をしたり、動物の生け贄を捧げたりしたようです。

 

古代ローマには、ローマ神以外の異教の神を祀る神殿も存在し、ラテン語で「神聖な領域」を意味するファヌムと呼ばれていました。

 

ローマの神殿「パンテオン」

都市ローマのマルス広場にはパンテオン(Pantheon)と呼ばれる神殿があり、古代ローマ最大の円蓋建築(ドーム)です。

 

様々なローマ神が祀られている神殿で、パンテオンという語は「万神殿(すべての神に捧げられた神殿)」を意味しています。

 

紀元前25年に、初代ローマ皇帝アウグストゥスの速筋マルクス・ウィプサニウス・アグリッパにより建設され後に家事で消失。

 

118年から128年にかけて再度建設され、現代ローマで見ることが出来るのは、この再建されたパンテオンです。

トップへ戻る