古代ローマのインフラの凄さ

古代ローマのインフラの凄さ

古代ローマのインフラの凄さ

古代ローマのインフラ(道路・街道・上下水道・城壁・娯楽施設など)は、非常に先進的で、ローマ帝国から滅亡から近代にいたるまでの歴史上のピークといわれています。

 

その技術は現代インフラの参考にされることもあり、古代ローマ人は「インフラの父」と言われることもあります。

 

ただ帝国末期になると、拡張したインフラの維持コストが嵩むようになり、帝国衰退の一因になりました。

 

古代ローマのインフラ一覧

建築

ローマ建築はエトルリア建築、ギリシア建築の影響を受け発展していった建築で、ヨーロッパにおける建築文化に非常に大きな影響を与えました。

 

その建築技術の水準の高さは目を見張るものがあり、中世後期のルネサンスでは復興運動が盛んになりました。

 

道路

道路網は、「全ての道はローマに続く」といわれるほど広大なものとなり、ローマの経済力や防衛力の要となっていました。

 

道路により人や物の広範な移動が可能になり、どんな場所にも軍隊を送り制圧することができました。

 

道路網は全て舗装されており、ローマ軍を投入した持続的な整備で維持されていました。

 

水道

ローマ水道はローマのインフラの凄さを語る上で、最も引き合いに出されるかもしれません。

 

高度な水道施設なしに、都市化はなしえません。

 

町の隅々にまで行き渡った上下水道により、ローマは100万人もの人口を抱えることができました。

 

トップへ戻る