古代ローマの教育事情

古代ローマの教育事情

古代ローマの教育事情

現代においては、教育とは社会が行なうものというのが当たり前になっていますが、古代の時代には違いました。

 

教育は大体私的に行なうものだったので、今で言う学校のような場所はなく、勉強は家庭で行なわれていました。

 

勉強は父親が教えるか、家庭教師の奴隷(ギリシア人)を雇うかでした。どの程度の教育を受けられるかは、親の財力しだいです。

 

またこの時代、子供は労働力として重宝されたので、子供の教育に力を入れた親というのは、一部の上流階級の人間だったことは確かです。

 

教師は下賎な職業だった?

ちなみに女性は帝政初期までろくな教育を受けることができなかったので、母親が勉強を教えるということはありませんでした。

 

家庭教師を奴隷が担当していたのも、当時は教師などというのは下賎な職業とされていたからです。

 

ただ教師として働いていた奴隷は、他の奴隷と比べものにならないくらい良い待遇だったようです。

 

教師の社会的地位向上

カエサルはローマの教育水準を向上させるため、教師にローマ市民権を与えました。

 

これがきっかけで教師の社会的地位が上がりました。

 

帝政期に入ると学校に相当する私塾が発達し始め、教育の場が家庭から学校へとシフトしていきます。

 

教育科目

主な教育内容はラテン語の読み書き、国語、数学、歴史など。

 

発展として修辞学(スピーチ)、法学、体育、格闘技、乗馬、武器の使用法などを学びます。

 

後半ではギリシア語、ギリシア文学、ギリシア哲学なども学びました。

トップへ戻る