古代ローマのコロニア(植民市)とは?自治市や同盟市との違いは?

古代ローマのコロニア(植民市)とは?自治市や同盟市との違いは?

古代ローマのコロニア(植民市)とは?自治市や同盟市との違いは?

ローマは戦争により民族や都市国家を服属させていくことで、勢力を拡大していきました。

 

ローマ人が入植する為に征服した地域もたくさんあり、そのような地域のことをコロニア(植民都市)といいます。

 

コロニア(植民都市)には

 

・ローマの威光を示す。
・増えた人口を移住させる。
・退役軍人の職を確保する。

 

などの役割がありました。

 

コロニア(植民都市)の種類

コロニア(植民都市)にはローマ植民市ラテン植民市があります。

 

ローマ植民市は、ローマ市民が移住し、住民はローマ市民権を持ち続けることができました。

 

一方でラテン植民市にもローマ市民や自由人が移住しましたが、ローマ市民権を持つことはできませんでした。

 

この不平等が理由で紀元前91年には同盟市戦争が起こり、その結果ラテン植民市の住民にもローマ市民権が認められるようになりました。

 

・自治市・同盟市との違い

同じローマ市民権が認められないラテン植民市でも、自治市、同盟市という2つの種類があります。違いは以下の通りです。

 

  • 自治市…ローマから自治を認められた独立都市。ローマへの兵の供給や納税の義務が免除される。
  • 同盟市…ローマから自治を認められているが、ローマへの兵の供給や納税の義務が課される。

 

ローマにはローマ植民市>自治市>同盟市という3つのグレードの都市があり、中でもローマ植民市は最もグレードの高い地位にありました。

 

つまりローマ植民市より、下のグレードのラテン植民市の中でも、さらにグレードをを設けることにより、不満がローマ植民市に集中すること防いでいたのです。

 

自治市や同盟市が昇格して植民市になることもありましたので、希望を持たせたというのも打算的ですね。まあ結局不満を制御できなかったので同盟市戦争につながっていくのですが…。

 

トップへ戻る