古代ローマの階級の種類

古代ローマの身分階級の種類

古代ローマの市民階級の種類

古代ローマ社会の仕組みや歴史の理解を深める上で、重要なのは市民に目を向けることです。

 

特にパトリキ(貴族)、プレブス(平民)という階級があり、同じローマ市民でもその生活ぶり、社会での役割などで大きく異なっていたということは知っておく必要があります。

 

パトリキ(貴族)/プレブス(平民)/ノビレス(新貴族)の違い

パトリキ(貴族)

パトリキとはいわば貴族階級の市民のことで、古代ローマ社会における上流階級の人間です。共和政ローマ初期では、一握りのパトリキで独占された元老院が、ローマ社会の実権を握り支配を推し進めていたのです。

 

プレブス(平民)

プレブスとはローマ社会において中級以下の階級の市民のことで、いわば平民です。裕福な血統貴族であるパトリキと対比して用いられ、長らく宗教的な行事や行政に関わることは許されませんでした。

 

ノビレス(新貴族)

共和政後期になると、プレブスが富と権力を持ち始めました。政治的発言力が増し、そしてパトリキと融合することで「ノビレス(新貴族)」と呼ばれる新たな階級が出現しました。

トップへ戻る