ビュザンティオンとは

ビュザンティオンとは

ビュザンティオンとは

ビュザンティオンとは、メガラという王国を征服したギリシア人が紀元前7世紀半ば頃に建設した植民市です。

 

現在のトルコ・イスタンブールにあたります。

 

古代ギリシア時代にはペルシア⇒アテナイと服属先が代わり、やがてローマ帝国領となりました。

 

広大化したローマにおいて、ビュザンティオンが東西南北の交通路の要衝に位置していたことに目をつけ、コンスタンティヌス1世は、帝国の首都をローマからビュザンティオンに遷都しました。

 

当初は遷都した首都を「ノウァ・ローマ(新たなローマ)」と命名しましたが、普及せず、「コンスタンティヌスの都市」の意の「コンスタンティノポリス」という呼称が定着しました。

 

帝国滅亡後

またローマが東西に分裂した後、東ローマ帝国では引き続きこの都市が首都とされ、後世、東ローマ帝国のことは首都の旧称をとり「ビザンティン帝国」と呼ばれることがあります。

 

東ローマ帝国の滅亡まで首都として長く繁栄し、中世ヨーロッパ有数の大都市として、政治・経済・文化・宗教上重要な位置をしめました。

 

1453年にオスマン帝国に征服されてからも、同国の首都となり、引き続き繁栄していました。

トップへ戻る