古代ローマのプラエトル(法務官)の仕事とは

古代ローマのプラエトル(法務官)の仕事とは

古代ローマのプラエトル(法務官)の仕事とは

プラエトル(法務官)は、古代ローマの政務職のうち、主に司法を担当していた官職です。

 

コンスル(執政官)に次ぐ官職で、コンスルと同じくインペリウム(命令権)を有していました。

 

呼称

共和政の最初期には、ローマを統率する者を指す言葉にはコンスルではなく、プラエトルという呼称が使われていたそうです。

 

「指揮する者」 という意味の「praeire」から来ており、最初は軍事における司令官という意味合いが強かったようです。

 

役割

最初は軍事司令官としての意味合いが強かった役職ですが、のちに反逆や殺人などの裁判を行なうようになり、ローマ法の基礎を作りました。

 

帝政期には皇帝権力に組み込まれていったことで、権限がしだいに縮小し、名誉官職的な意味合いが強くなっていきました。

 

人数

人数は最初は2名でしたが、8名、12名、18名と時代が下るにつれて増えていきました。

トップへ戻る