テトラルキアとは?わかりやすく解説

テトラルキアとは?わかりやすく解説

テトラルキアとは?わかりやすく解説

テトラルキア(四分統治)というのは、古代ローマの帝政期に行なわれた政治体制の1つです。皇帝ディオクレティアヌスが293年に開始しました。

 

ディオクレティアヌスはドミナートゥス制(専制君主制)で3世紀の危機とも呼ばれる内乱期に終止符を打った後、広大な領土をいかに統治し続けるかに悩んでいました。

 

四分統治という手法

そこで考え出したのが「四分統治」という手法です。まず帝国領を東西に二分しそれぞれに皇帝を置き、さらにそれぞれの皇帝補佐官に北半分の統治を任せるというものです。

 

いわば4人の皇帝で統治を分担する形をとったわけです。この対応により外敵からの侵入などに機敏に対処できるようになりました。

 

ただし4人皇帝がいるといっても、最終的な決定権や採決権はディオクレティアヌスが独占しているので、1人の皇帝に力を集中させる専制政治であることに変わり在りません。

トップへ戻る