ドミナートゥス制(専制君主制)とは

ドミナートゥス制(専制君主制)とは

ドミナートゥス制(専制君主制)とは

ドミナートゥス(日本語訳:専制君主制)というのは帝政ローマ末期における政治形態です。「ドミヌスによる支配」を意味しており、ドミヌスというのは臣民から皇帝への呼称です。

 

誕生の背景

共和政ローマはカエサルにより帝政へと舵を切っていきましたが、独裁をタブー視するローマ社会での風当たりは非常に強く、前44年に暗殺されてしまいます。

 

そこでカエサルの意思を継いだオクタウィアヌスはその失敗から学び、「共和政に敬意を払う姿勢を見せつつ実質君主制」という元首政(プリンキパトゥス)=「プリンケプス(市民の第一人者)による統治」というスタンスを採用します。

 

この支配体制により、内戦でバラバラな状態だったローマが再び1つとなり、国が上向き始めたかのように思われましたが、帝国各地の軍閥から皇帝が乱立する軍人皇帝時代(235〜285年)に突入し、後に「3世紀の危機」と呼ばれるほど帝国は衰退していきます。

 

そこで皇帝ディオクレティアヌスは改革を行ない、強力な専制政治、ドミナートゥスを開始することで、軍人皇帝時代を終らせたのです。彼の改革により共和政の伝統は完全に消滅、元老院は形骸化しました。

 

トップへ戻る