ローマの政治形態:王政/共和制/帝政の違い

ローマの政治形態:王政/共和制/帝政の違い

ローマの政治形態の転換:王政/共和制/帝政の違い

古代ローマは、建国最初期の王政に始まり、共和政、帝政と政治体制を移行していきました。

 

古代ローマの時代区分は、採用していた政治形態によって、王政期・共和政期・帝政期というように分けられます。

 

古代ローマの歴史を学ぶ上で、この政治体制の転換を理解することは非常に重要です。

 

王政(紀元前753年(建国)-紀元前509年)

国王に権力を集中させて支配する政治形態です。ローマの最初の政治体制で、君主制ともいいます。

 

紀元前753年ロームルスが建国し、紀元前509年に第7代目のエトルリアの王タルクィニウスが追放されるまで続いたとされています。

 

 

共和政(紀元前509年-紀元前27年)

君主を置かず、有権者により選ばれた市民によって社会運営を行なう政治形態です。

 

共和制は君主制の対義語でもあります。ローマは王政末期に、貴族(パトリキ)が王を追放して貴族共和制に移行。

 

その後商工業や軍務で活躍した平民(プレブス)が発言力を持つようになり、市民による国家運営へと移行していきました。

 

 

帝政(紀元前27年 - 西暦476年)

君主制であり王政と本質的に変わりませんが、帝政は世襲制の皇帝(エンペラー)が支配します。

 

ローマが強大な国になるにつれ、共和制による政治の膠着が足かせになるようになり、効率的な国家運営を目指して君主制に移行しました。

 

この帝政も、

 

  • 初期:皇帝は絶対的な君主ではなくあくまでプリンケプス(市民の第一人者)にすぎないというスタンスをとる「元首政」
  • 後期:皇帝が絶対的な権力者としてふるまい強権をふるう「専制君主制」

 

に分けられます。

 

トップへ戻る