イタリア半島統一までの流れ

ローマによるイタリア半島統一までの流れ

古代ローマによるイタリア半島統一までの流れ

前8世紀に成立した古代ローマは、当初イタリア半島中部ティベリス川の畔にある小さな都市国家でした。しかし時代を下るにつれて勢力を拡大していき、帝政期には地中海全域を勢力下におく超大国へと成長したのです。

 

そして地中海征服の前段階となったのがイタリア半島統一です。ギリシア、小アジア、北アフリカ、イベリア半島など地中海世界全域を臨むイタリア半島を掌握することは、拡大政策をスムーズに推し進めていく上で重要な意味を持ちました。

 

半島統一が達成されたのはいつ?

古代ローマによるイタリア半島統一の動きは、紀元前4世紀から前3世紀にかけて起こりました。前4世紀以降、ローマは拡大政策を積極的に推し進め、イタリア半島の様々な部族やギリシア諸都市を服属させていったのです。

 

そして統一の過程で起こった戦争で、最も重要な意味を持つのは、ラティウム戦争サムニウム戦争が挙げられるでしょう。

 

ラティウム戦争は、ローマ中心地であるラティウム地方の先住民ラテン人との戦争、サムニウム戦争はイタリア半島造山帯に居住するサムニウム人との戦争です。

 

サムニウム戦争は3度に渡って行なわれ、第三次サムニウム戦争のサムニウム人征服をもって、ローマはイタリア半島ほぼ全域を支配下におさめ、実質イタリア半島統一を成し遂げたのです。

 

統治がうまくいった理由

ローマは征服地を完全に支配しようとはせず、言語や文化を尊重し、自治権も認め、ローマの同盟国のように扱っていました。その為支配下に置かれた勢力の反発も少なく、統治がうまくいったのです。

 

また征服地の市民にも、段階的にローマ市民権を付与していくことによって、ローマ市民としての一体感を醸成することに力を入れていました。

 

支配下におかれるということは、逆にいえば保護下に置かれるという意味でもあり、トスカーナやカンパニアはむしろローマの国力を積極的に頼っていました。

 

トップへ戻る