ローマ軍の戦術・陣形について

ローマ軍の戦術・陣形について

ローマ軍の戦術・陣形について

ローマ軍の強さの理由に、巧みな戦術や臨機応変に組まれた陣形があります。

 

ローマ軍は数で勝る敵にも連戦連勝を重ねてきましたが、これは蛮族にはない組織力・統率力の賜といえます。

 

テストゥド

テストゥドは、ローマ軍の歩兵戦術の1種です。

 

歩兵が密集隊列を組み、先頭の兵士がスクトゥム(盾)を前方に、後ろの兵士が上方に構えることで、前方や上方からの主に飛び道具による攻撃を防ぐことができます。

 

ただこの戦術は、機動力が落ち、白兵戦が難しくなるほか、先頭の兵士の頭やスネが無防備になるという穴があります。

 

ファランクス

ファランクスは歩兵戦術の1種です。ローマのみならず、古代では広く用いられた戦術です。

 

重装歩兵が密集陣形を組み、集団が一斉に攻撃をします。

トップへ戻る